石鹸製造をご希望の方

様々な石鹸(化粧石鹸・浴用石鹸)を受託製造致しております。一般的にOEMと呼ばれていますが、製造委託やPB製造などとも言われたりします。石鹸製造を弊社に依頼し、お客様が販売されるという形です。コールドプロセスでの製造を2013年1月15日より再開いたします。コールドプロセスの最小ロットは500個。試作は有料で40個程となります。
※表現が分かりにくい部分を修正致しました(2016/07/22) ※お見積りは電話では回答しておりません。

石鹸製造についての問い合わせ


ちょっと気になる原料の入荷案内

月桃精油が入荷しました(2016/07/11)
ツバキ油が入荷しました(2016/07/11)
アルガンオイルが入荷しました(2016/02/01)
有機栽培オリーブオイルが入荷しました(2016/02/01)
クレイ(カオリン)入荷しました(2016/02/01)

100個からの製造だから、あなただけのブランドが低コストで創れます

オリジナル商品

石鹸家では最小ロット100個(1種類)から製造が可能ですので、初めて化粧石鹸(化粧品)の取り扱いをされる個人のお客様はもとより、老舗旅館様、問屋様など幅広くご依頼いただいています。詳しくはOEM事例紹介をご覧ください。
もちろん使いたい原材料の指定や、おおよその配合率の指定も可能です。
石鹸家の手作り石鹸は、薬事法における化粧品製造業の認可を受けた工場で製造されている化粧石鹸(浴用石鹸)です。
弊社は保湿クリーム・マッサージクリーム等のクリーム類、及び固形石鹸の製造をメインにしておりますが、その他、シャンプー等の液体ものも取り扱っています。


最低ロット

石鹸100個(100g)
保湿クリーム(ガラス瓶)100個
保湿クリーム(プラスティック容器)100個
保湿クリーム(印刷容器プラスチックボトル)1000個
液状馬油・ツバキ油150本(100ml)
シャンプー類1500本以上

地域の特産品を活かした石鹸を製造

オリジナル素材

地場産の素材を活かした製品・商品作りを徹底的にサポートしています。地域活性化の一翼を担うお手伝いをしています。
オリジナル成分(特産品等)を使用した、貴社オリジナルの商品を製造希望される場合、試験成績書、MSDS(安全データシート)等が必要になります。※試作の段階で必要です

特産品を活かした石鹸製造の実績ご紹介

試作は試作料・送料とも完全無料

試作料・送料とも無料で行っています。
原料のストックが無い場合は有料となることがあります。配合率の変更などで再試作を希望される場合、2回目以降は有料になります。(試作品は12個前後になります)また、コールドプロセスで試作を希望される方は買取とさせていただきます。釜焚鹸化法でご依頼ください。
お見積りに関しては、配合する油脂や形、量目、鹸化法、エッセンシャルオイル、工程等で大きく違ってきますので、石鹸の処方が決まってからとなります。
試作しますと石鹸の処方ができますので、まずは試作をご検討ください。

石鹸製造についての問い合わせ

OEM石鹸の依頼

製造スケジュール

  1. ご要望(形、量目、色、香り、販売価格など)をヒアリングして、綿密に打ち合わせをさせて頂きます。
  2. ご希望の石鹸になるように配合しテスト製造いたします。
  3. 試作品は12個前後になります。製造費用は無料です。2回目より有料となります。
  4. 試作品を実際にご試用して、使用感の良さ、品質の高さを実感してください。
  5. パッケージなどの文章を薬事法に抵触しないかチェックさせていただいた後、弊社にて薬務課に届出を行います(薬務課への届出も無料です)。
  6. 本製造は100個からの小ロット生産で承っております。
  7. 完成・発送(配送料は弊社負担でお届けいたします)。

ご相談を頂いてからOEM本製品納品までには、通常1ヵ月程となります。できる限りご希望のスケジュールに合わせるようにいたしますので、お急ぎの方も一度ご相談ください。※釜焚鹸化法の場合です(石鹸製造法の1つです)

フロー

形と量目

ミニ石鹸

石鹸家のネットショップで形や量目が確認できます。その他ミニ石鹸も製造しています。写真にあるパッケージの台紙の作成も承っています。

色と香り

直射日光の当たる場所などに保管されますと徐々に色味が変わってきます。

エッセンシャルオイルを使用しています。石鹸のイメージに合ったものを選ぶことをおすすめします
※エッセンシャルオイルとは、自然の草、葉、木、花、果皮などから抽出された芳香性を持つ天然素材です。「オイル」という名前がついていますが、油脂ではありません

アンケート調査したエッセンシャルオイルランキング

  1. ローズ(古くから女性を虜にしてきた優雅な香り)
  2. グレープフルーツ(柑橘系の清々しい香りが人気)
  3. ラベンダー(傷の消毒や沐浴などにも使われ有名)
  4. レモン(鋭さのあるフレッシュな柑橘系の香り)
  5. カモミール(林檎のような甘酸っぱい香り)
  6. ローズマリー(フレッシュなグリーン系の香り)
  7. ペパーミント(スッと抜けるミントの香り)
  8. ベルガモット(甘くフルーティーでフローラルな香り)
  9. イランイラン(濃厚で甘美な香り)
  10. ティートゥリー(オーストラリア原産のスッキリした香り)

コールドプロセス・ホットプロセス/枠練り

石鹸製造法をご選択いただけます。コールドプロセスでもホットプロセスでも承っています。お気軽にご相談ください。また石鹸家の石鹸は枠練り製法になります。

コールドプロセス

コールドプロセスとは、加熱せずに反応熱だけで鹸化(石鹸化)させ、塩析を経ずに製造する方法です。

ホットプロセス(釜焚鹸化法)

釜焚鹸化法とは、加熱して鹸化(石鹸化)させます。天然のグリセリンが石鹸にそのまま残るような製造を行っています。

枠練り製法

枠練り石鹸は長い時間をかけて冷却・熟成乾燥させるため、溶け崩れしにくい石鹸になります。

見積価格に含まれるもの

弊社提供品

見積価格がわかるのは処方が決まってからとなります。

  • 責任表示ラベル(全成分表記ラベル)
  • 和紙袋もしくは半透明袋
  • インナーケース(丸型100gの場合のみ)
  • 泡立てネット

泡立てネット

弊社の石鹸には全て泡立てネットを付けています。 天然素材のみを使用し、防腐剤・合成界面活性剤・安定剤・酸化防止剤・合成着色料・合成香料等、特に合成の発泡剤を配合しておりませんので、泡立ちが控えめな素肌に優しい石鹸です。
最近のトレンドとして非常に泡立ちのよいものが好まれていますので、専用の泡立てネットをお付けしています、泡立てネットを使いますと素肌にやさしい泡が豊富に立ちます。

チラシや化粧箱、ホームページの作成まで、全部いっぺんに頼めます

せっかく商品が出来ても、写真が良くないと映えませんよね。石鹸家ではスタジオカメラマンと契約していますので、キチンとスタジオで撮影した写真を付けて納品しています。※オプションです。スタジオ写真希望の旨を連絡してください

化粧箱、シールラベルとも弊社にご依頼いただくことが可能です。
お客様自身でご用意される場合は、シールラベル、化粧箱どちらの場合でも、版下段階で弊社OEM担当が薬事法に基づくチェックを致しますので、必ず印刷前に版下をご送付ください。
シールラベルの場合は和紙袋か半透明袋(フロスト)に貼る形になります。
※化粧箱をお客様で作成される場合、展開図の雛形(Adobe Illustratorデータ)を提供
ホームページ作成サービスも承っています。まだ企業サイトをお持ちでない方には、破格の値段設定になっています。

化粧箱・シールラベル

コストを抑えた巻紙対応

シールラベルの代わりに巻紙も可能です。ユポ紙(耐水PET紙)という合成紙を使用しますので、破れにくく水をはじきます。作成は100枚から可能ですので、さらにコストを抑えられます。

巻紙各種

スタンプ

樹脂製スタンプ・真鍮製刻印

石鹸表面にスタンプで屋号・コーポレートマークなどを施すことができます(作業費別)。
オリジナルのデザインをご希望場合はスタンプ作成費用が別途必要になります。 石鹸に刻印スタンプでロゴマークなどを刻印することが出来るのは四角の石鹸のみになります。スタンプの作成にはデザインのやり取り等を含め1ヵ月以上の準備期間を予定してください。

試験成績書

試験成績書は試作の段階でも必ず必要になります。農協や漁協、自治体の産業支援課や地域振興課等で紹介してもらえます。(財)日本食品分析センター、工業技術センター等が有名です。1.5万円程度から試験・分析をしてもらうことが可能です。

経済ロット

シールラベル、化粧箱などの資材を作成する場合は経済ロットがあります。 石鹸は100個からの小ロットでご対応させていただいていますが、シールラベルを100枚で作成すると一般的には非常に割高になります。 化粧箱は3,000枚程から経済ロットとなり、費用としてはおおよそ12万円から18万円位かと思われます(型代・デザイン料・版代含む)。

販路

キャラクター石鹸

化粧品の販売にはライセンスは必要ありません。
美容室、エステサロン、土産物屋、道の駅、物産品店、インターネットショップ、大学生協、卸問屋などで販売をされていますが、お客様ご自身がどのような販路で販売可能かしっかり考えられることで、包材やディスプレイ什器、専用ダンボールなど必要な資材も明確になってきます。

石鹸製造についての問い合わせ

よくある質問

もっといろいろ知りたいのですが
このページには最小限のことしか書いておりません。石鹸のOEMに関することを詳細にまとめたサイトをご用意しました。こちらもあわせてご覧ください。
石鹸製造を依頼された方の実績紹介はありますか?
事例紹介はこちらからどうぞ
価格だけ教えてください
処方で変わってきます、まずはお問い合わせください。ご要望を最大限取り入れた処方に致しますので、お話を伺わないと見積りが出せません。※お見積りは電話では回答しておりません。
コールドプロセスで製造してもらえますか?
コールドプロセスでの製造も受託しております。(コールドプロセスは四角型の80gから100gのみ承っております)最小ロットは500個からになります。
配合したい成分にこだわりがありますが、対応していただけますか?
ご対応しています。
試作を作ってもらう時も試験成績書が必ず必要ですか?
試作の段階でも必ず必要になります。農協や漁協、自治体の産業支援課や地域振興課等で紹介してもらえます。一般的に(財)日本食品分析センター、工業技術センター等が有名です。試験・分析にかかる費用は数万円程です。
試作は有料ですか?
原料のストックが無い場合は有料となることがあります。配合率の変更などで再試作を希望される場合、2回目以降は有料になります。(試作品は12個前後になります)また、コールドプロセスで試作を希望される方は買取とさせていただきます(40個程)。


石鹸製造についての問い合わせ

手作り石鹸の販売許可

まず前提として、人体に使用する石鹸は化粧品か医薬部外品である必要があります。以下化粧品の場合をご説明致します。

化粧品としての石鹸を製造しようとする場合は「化粧品製造業許可」を取得する必要があります。
化粧品としての石鹸を製造販売(製品を市場に出荷すること)しようとする場合は「化粧品製造販売業許可」を取得する必要があります。

「化粧品製造業許可」は、製品の製造を行うための許可(製造所毎に必要)です。製品を市場に出荷(販売や授与)することはできません。
「化粧品製造販売業許可」は、製品を市場に出荷(販売や授与)するための許可です。製品を製造(包装等含む)することはできません。

手作り石鹸を一般消費者や小売店、卸売り業者へ販売するには、石鹸を製造するための許可と市場へ出荷するための許可の両方が必要になります。

具体的には許可申請を、所在地の都道府県知事へ行います。それぞれ許可要件が存在し、書類だけではなく実地審査もありますので、薬事法をはじめとした関連法規等をよくご参照ください。

石鹸家にご依頼いただければ、弊社が責任を持って製造し、市場に出荷致します。市場に出荷された製品を販売するにあたってはライセンス等は必要ありません。最小ロット100個から承っておりますので、お気軽にご相談ください。